本文へスキップ

フレット楽器ヤマサキは、ギター・マンドリンの専門店です。

電話でのお問い合わせはTEL.06-6948-8239

〒530-0044 大阪市北区東天満2-2-14T・Yビル8F
お問い合わせフォームはこちら

Old Vintage Mandolin オールド・ヴィンテージ マンドリン




 1900年の少し前、パスクアーレ・ヴィナッチアが現代のマンドリンの基礎にあたる楽器を発明し、その構造が現在にも引き継がれています。ギアの付いた糸巻でスチール絃を張れるようにし、音量と表現を飛躍的に向上させました。その後イタリア全土で広がったマンドリンの大ブームは近隣国のフランスなどにもひろがり、現代のマンドリンが多くの人に愛された時代ができました。その時代に製作されたマンドリンをオールド・ヴィンテージと呼び、その音色は垂涎の的になっています。ヴィナッチア、カラーチェ、エンベルガーのように当時銘工と呼ばれた製作家から、その弟子たち、または独自の世界を作り上げた製作家たちの楽器をご紹介いたします。




ヴィナッチア
(パスクアーレ,フラテッリ[ジェンナロ&アキッレ,ガエターノ])
Vinaccia (Pasquale,Fratelli[Gennaro&Achille],Gaetano...)


 18世紀初頭に楽器製作をはじめたヴィナッチア家はアントニオの時代には有名メーカーとなっていました。その後パスクアーレが現代のマンドリンの基礎にあたる楽器を発明し、その構造が現在にも引き継がれています。ギアの付いた糸巻でスチール絃を張れるようにし、音量と表現を飛躍的に向上させました。パスクアーレの息子たちジェンナロとアキッレは「Fratelli Vinaccia[ヴィナッチア兄弟社]」として製作を継ぎ、黄金期をむかえます。皇室御用達となりイタリア随一の名門メーカーとなります。この時期に多くの弟子たちをもったヴィナッチア家はその後ジェンナロの息子ガエターノに引き継がれます。ガエターノは当時の著名な演奏家のためのモデル"Tipo Rocco”や裏ボディの構造を改良し特許を取った“Brevettato[ブレベッタート]”、ヘッドデザインにフィギュアヘッドをあしらったデザインなど多くのモデルを作りました。戦争の混乱によりヴィナッチア家は途絶えてしまいますが、今は亡き名門メーカーとして現在も高く評価され、垂涎の製作家としてあこがれのヴィンテージ楽器となっています。

1900年前後のころに製作された音の伸び・粘りのある楽器を前期、ガエターノの頃のように合奏にも対応できるパワフルな音色の楽器を後期、として分けられたりもします。
1886年作 Pasquale
1912年 Tipo Rocco

1900年頃
Gennaro e Acille


ラファエレ・カラーチェ T世 Raffaele Calace T

 ラファエレ・カラーチェ(1863〜1934)は作曲家、演奏家、製作家として多岐にわたって活躍し、マンドリン界に多大な功績を残した人物です。
作曲家として200曲あまりの作品と教則本、演奏家としては世界的なヴィルトゥオーゾとして活躍し、日本でも大正13年(1924年)に来日し、摂政宮(昭和天皇)のために御前演奏もしています。そして製作家としては独自の改良を重ね、楽器としての機能を発展させるなどマンドリン属の楽器の発展に大きな影響を与えました。カラーチェ抜きにはマンドリンは語れないといっても過言ではないでしょう。マンドリンを製作し始めた初代アントニオから息子たちニコラとラファエレに引き継がれます。その後ラファエレによって工房を継続され名門ヴィナッチア家と並ぶ一流工房へと発展しました。そして現在もなお、イタリア最大のメーカーとして、世界のトップメーカーとしてカラーチェのマンドリンは愛奏されています。
モデルはNo.シリーズでからはじまり、“No.1”"No.1bis“"No.2”"No.2bis“シリーズ、“No.22""No.23”のグループ、“No.24”“No.26”のさらに上位モデル、“No.13”“No.15”“No.16”の現在も共通している装飾の華やかなモデルとなっていきます。1924年にカタログ化されてからはクラシコモデルがうまれ、“クラシコA”“クラシコB”“クラシコC”となります。また特別モデルとして"model No.900 Brevettato"というモデルも存在します。

楽器は現在でも通じるがっちりとしたボディから生まれるパワフルで遠達性の強い音色は上位下位モデル問わず合奏シーンに大きな力となっています。勿論その遠達性はアンサンブルやソロにも文句なく、カラーチェ作曲の作品などは特に向いている音色です。

在庫・詳細は→こちら

1925年 No.26

1924年 No.24
   




ルイジ・エンベルガー [〜パスクアーレ・ペコラーロ]
Luigi Embergher[...Pasquale Pecraro]


 ルイジ・エンベルガー(1856〜1943)はイタリア中部のアルピノという町で家具メーカーを営むピエトロの長男として生まれました。ローマでマンドリン製作を学びその後故郷アルピノで工房を開きます。そしてローマにも工房を構えその住所で販売を行っていました。「マンドリンのストラディヴァリ」と評されたエンベルガーの楽器はいわゆるローマ型マンドリンと呼ばれ、ボディとネックの接合部分の絞り込み形状や裏ボディのリブの細かさ、上位モデルNO.5bisのようなシックル(鎌状)のヘッドなど美しいシェイプが特徴です。エンベルガーの楽器は多くのマンドリニストに愛されシルヴィオ・ラニエリ,マリア・シヴィッターロ,ジュゼッペ・アネダなどが使用していました。エンベルガーの死後は甥のベネデット・マチョス、弟子のドメニコ・チェルローネと引き継いでいき、ドメニコの死後は息子のジャンニーノ・チェルローネが工房を継ぎ、製作を甥のパスクアーレ・ペコラーロが担当しました。チェルローネが工房を閉じることで「ルイジ・エンベルガー」はなくなりますがペコラーロが1987年まで製作した楽器がエンベルガーの楽器として日本で販売されていました。

モデルはスチューデントモデルとして作られたシリーズでシンプルなデザインの“Tipo A”華やかなに装飾されている“Tipo B"、そしてコンサートモデルとして“No.1”“No.2”“No.3”“No.4”“No.5bis”“No.6”“No.7”“No.8”と上位モデルになっていきます。“No.4”“No.7”“No.8”はほとんど見ることの無いモデルと言ってもいいでしょう。

シェイプされかなり小振りなボディから想像できない芯のハッキリした遠達性の強い音色が特徴です。ネック形状・指板なども細めで細やかなパッセージを弾くのに有利です。またペコラーロの楽器はボディサイズなどは現代の楽器ほどになりますがその分パワーもつき、パワフルに演奏される方に相性が合う楽器です。

在庫・詳細は→こちら
   

1904年作 No.5bis

1950年 No.5bis



ヴィナッチアの高弟たち Allievo dei Vinaccia
Rubino,Maratea[Michele,Domenico,Raffaele],Angara & d'Isanto...

 19世紀後半〜20世紀前半にかけて、イタリアでは空前のマンドリンブームであり、このころにヴィナッチア、エンベルガー、カラーチェ等の銘工たちの作品はマンドリニスト達の憧れることになりました。そしてその銘工にあこがれ工房で腕を磨き独立した製作家たちもたくさんいました。特に名門ヴィナッチア家で腕を磨いた弟子たちは独立後も「Allievo dei Vinaccia(ヴィナッチアの弟子)」と楽器ラベルに自分の名前とともに記し製作していました。ヴィナッチアの工房で働いていた際はヴィナッチアを製作していた一人ですので独立後の楽器もヴィナッチアのエッセンスが感じられる楽器が多くみられます。
Gennaro Rubino[ジェンナロ・ルビーノ]、マラテアファミリー[ミケーレ,ドメニコ,ラファエレ],Pasquale Angara[パスクアーレ・アンガラ]&Pasquale d'Isanto[パスクアーレ・ディサント]の共作などがとくに高弟といわれた弟子たちとなります。

在庫・詳細は→こちら




エジルド・エマヌエレ Egildo Emanuele


 1870年頃イタリアのローマに生まれ、ローマ型のマンドリンの製作を学んだあとにフランスに移り、パリで1950年代の中頃まで製作を行っていました。「フランスのエンベルガー」と高く評価されていたため、ルイジ・エンベルガーの弟子と言われることもありますが、実際に師弟関係があったかどうかは資料が無い為不明です。エンベルガーの5bisモデルのようにシックル(鎌状)フォルムヘッドの最上位モデルから、装飾が無くシンプルなモデルのエントリーモデルまでラインナップがあり、非常に多くの楽器が存在しています。また、ハープギターなどの多絃楽器や、フラットマンドリン、さらにはヴァイオリンまで製作されており、楽器工房としてかなりの規模であったと思われます。

楽器の特長としてはメイプル材を使用した軽いボディで、鳴らし易くボリュームがあり、それでいて芯のしっかりした音色。以前は女性に人気の楽器の代名詞とも言われていましたが、現在ではアンサンブル、合奏など演奏シーンを問わず、扱いやすい楽器として人気があります。

在庫・詳細は→こちら

1906年作
1928年
1925年
       



ルシアン・ジェラ Lucien Gelas

 表面板を2枚板構造にした楽器でエジルドとともにフランスを代表するブランドとして名前が知られていました。この構造を発明した人物がルシアン・ジェラで、パリで特許を取得しました。ルシアン・ジェラは製作はしておらず、その特許を元にTheodore Gaude[テオドール・ゴデ]が製作、その後J.R.のラベルロゴがあるJean Rovies[ジャン・ロヴィエ]も多数製作しました。個人製作家以外にもLouis Patenotte[ルイ・パテノット]、Freres Gerome[ジェローム兄弟]などのメーカーも特許をもとに製作しています。

表面板を2枚板構造にする事で、音量が出る楽器で、また音色も独特な箱鳴り音がマンドリンでありながらマンドラのように感じられるふくよかな音色が特徴的です。

在庫・詳細は→こちら









画像をクリックすると拡大します
正面画像
背面画像
 製作家名
製作家名ラベル表記l

製作年 モデル・タイプ
ランク【★ 〜 ★★★★★】
★…〜50万円 ★★…51万円〜80万円
★★★…81万円〜100万円 ★★★★…101万円〜140万円
★★★★★…140万円〜200万円
★★★★★★…201万円以上

楽器・製作家説明

マンドリン
フェデリコ・ガブリエッリ
Federico Gabrielli

2018年作 E5 Style “Torafuzuku”
定価 1,500,000円(税抜)


イタリアで若くからマンドリン製作を続けている製作家。オリジナルモデルを中心に現在はヴィナッチアスタイル、エンベルガースタイル、と銘器をリスペクトしたモデルを次々発表、高く評価を受けています。
E5スタイルはエンベルガーのコンサートモデル5bisにインスピレーションを受けた日本向けモデル。
エンベルガーネック形状が三角のため機能面で相性の合わない方もいらっしゃいますが、このモデル名はナポリタイプと同じカマボコ形状のネックなので違和感なく弾けます。エンベルガーの音色のように小振りながら芯の強い音色、塗装も薄くしてあるので音抜けもよく弾きやすい楽器です。

ルイジ・エンベルガー
Luigi Embergher

1904年作 No.5bis【★★★★★】


エンベルガーの前期の作品です。エンベルガーの上位モデルのNo.5bisは当時は最高位モデルの一つとして製作されていました。シックル(鎌)状のヘッドのデザイン、ネックとのジョイント部がしぼるような形のシェイプドボディ。ピックガードのデザインもスクロールしているようなデザインで、楽器として美しいフォルムのエンベルガーは当時の多くの名演奏家が好んで使用していました。この楽器は状態もよく小振りですが芯の強い音で、大きいホールでもその遠達性が力を発揮してくれます。 

ルイジ・エンベルガー
Luigi Embergher

1950年作 No.5bis【★★★★★】


エンベルガー亡き後、後継の弟子チェルローネ親子が制作していた時代の作品です。エンベルガーの上位モデルのNo.5bisは当時は最高位モデルの一つとして製作されていました。シックル(鎌)状のヘッドのデザイン、ネックとのジョイント部がしぼるような形のシェイプドボディ。ピックガードのデザインもスクロールしているようなデザインで、楽器として美しいフォルムのエンベルガーは当時の多くの名演奏家が好んで使用していました。この楽器は現代のサイズに少し近くなり、柔らかなタッチでも芯の強い音粒が、大きいホールでその遠達性が力を発揮してくれます。

パスクアーレ・ヴィナッチア
Pasquale Vinaccia

1886年作【★★★★】


サロン楽器であったマンドリンを現代に使用されるようにコンサート楽器としてパスクアーレが改良し、当時最高の名誉を受けていた名門ヴィナッチア家の楽器です。現在のマンドリンに改良した創始者パスクアーレの楽器は多くなく貴重な楽器といえます。柔らかく伸びのある音色でヴィナッチアらしさを感じる事の出来る楽器です。 

ガエターノ・ヴィナッチア
Gaetano Vinaccia

1912年作 Tipo Rocco【★★★★★】


サロン楽器であったマンドリンを現代に使用されるようにコンサート楽器としてパスクアーレが改良し、当時最高の名誉を受けていた名門ヴィナッチア家の楽器です。最後の代として活躍したガエターノは特許を取った構造のモデルブレヴェッタートなどを製作、ヴィナッチアの地位を復活させました。この楽器はヴィーナスのヘッドを彫刻したフィギュアヘッドタイプで、「Tipo Rocco」とあるように当代の優れた演奏家エルネスト・ロッコモデルとして製作されました。力強い音色ながらも柔らかく伸びのある音色でヴィナッチアらしさを感じる事の出来る楽器です。 

ジェンナロ&アキッレ・ヴィナッチア
Gennaro e Achille Vinaccia

1900年頃作 Forlieves
【★★★★】


サロン楽器であったマンドリンを現代に使用されるようにコンサート楽器としてパスクアーレが改良し、当時最高の名誉を受けていた名門ヴィナッチア家の楽器です。ジェンナロとアキッレの兄弟が引き継ぎヴィナッチアの地位を大きく高めました。製作年が当時販売していた会社のラベルによって隠れていますが、前期と呼ばれる時代に製作されていたと思われます。はっきりとした伸びのある音色でヴィナッチアらしさを感じる事の出来る楽器です。 
フラテッリ・ヴィナッチア
Fratelli Vinaccia

1920年作【★★★★】


サロン楽器であったマンドリンを現代に使用されるようにコンサート楽器としてパスクアーレが改良し、当時最高の名誉を受けていた名門ヴィナッチア家の楽器です。ジェンナロとアキッレの兄弟が引き継ぎヴィナッチアの地位を大きく高めました。製作年としては後期のものですが、前期の頃のように柔らかく伸びのある音色でヴィナッチアらしさを感じる事の出来る楽器です。 
 フラテッリ・カラーチェ
Fratelli Calace

1901年作【
★★★★★★

現在もマンドリン製作のトップメーカーであり続けるカラーチェ。現在のラファエレ・カラーチェJrの祖父の時代の楽器となります。ラファエレの兄ニコラと共同製作のフラテッリ(兄弟の意)のラベルの楽器で製作期間が数年の間のモデルとして製作されました。ヘッドのデザインがかなり特徴的で既成モデルとしてではなく特注的に製作された楽器と思われます。ボディサイドにはべっ甲であしらった装飾もあり、サウンドホールのデザインも美しく鮮やかです。
製作された本数としてはほぼ2本とない楽器です。
   ラファエレ・カラーチェ1世
Raffaele Calace T

1925年作 No.26【★★】


現在もマンドリン製作のトップメーカーであり続けるカラーチェ。現在のラファエレ・カラーチェJrの祖父の時代の楽器となります。No.26は当時は上位クラスのモデルとして製作されました。かなり装飾が施されており、弾き易さとボリュームが抜群の楽器でローズウッドボディの音の深さが合奏用オールドとして力を発揮し人気があります。現在の楽器よりは小振りですが当時としてはやや大きめなボディでソロ、アンサンブルはもちろん、合奏でも負けないパワーをもつオールド、ヴィンテージ楽器です。
 ラファエレ・カラーチェ1世
Raffaele Calace T

1924年作 No.24【★★】


現在もマンドリン製作のトップメーカーであり続けるカラーチェ。現在のラファエレ・カラーチェJrの祖父の時代の楽器となります。No.24は当時は中堅クラスのモデルとして製作され、弾き易さとボリュームが抜群の楽器でローズウッドボディの音の深さが合奏用オールドとして力を発揮し人気があります。現在の楽器よりは小振りですが当時としてはやや大きめなボディでソロ、アンサンブルはもちろん、合奏でも負けないパワーをもつオールド、ヴィンテージ楽器です。
 エジルド・エマヌエレ
Egildo Emanuele

1906年作 【★★】


フランスのエンベルガーと評された銘工です。エントリーモデルの1ランク上として製作されたクラスです。エジルドは軽やかに鳴らせ、ボリュームもあるのでタッチが柔らかな方に人気のある製作家です。ボディ材には珍しくローズウッドを使用しており、軽やかながら芯の強い音も内包されている音色です。シンプルなデザインですがその分手ごろな価格設定になることが多いのでオールド・ヴィンテージ入門にはオススメの楽器です。
 エジルド・エマヌエレ
Egildo Emanuele

1928年作 【★★】


フランスのエンベルガーと評された銘工です。エントリーモデルの1ランク上として製作されたクラスです。エジルドは軽やかに鳴らせ、ボリュームもあるのでタッチが柔らかな方に人気のある製作家です。シンプルなデザインですがその分手ごろな価格設定になることが多いのでオールド・ヴィンテージ入門にはオススメの楽器です。
 エジルド・エマヌエレ
Egildo Emanuele

1906年作 【★★】


フランスのエンベルガーと評された銘工です。エントリーモデルとして製作されたクラスです。エジルドは軽やかに鳴らせ、ボリュームもあるのでタッチが柔らかな方に人気のある製作家です。シンプルなデザインですがその分手ごろな価格設定になることが多いのでオールド・ヴィンテージ入門にはオススメの楽器です。
 エジルド・エマヌエレ
Egildo Emanuele

1925年作 【★★】


フランスのエンベルガーと評された銘工です。エントリーモデルとして製作されたクラスです。エジルドは軽やかに鳴らせ、ボリュームもあるのでタッチが柔らかな方に人気のある製作家です。シンプルなデザインですがその分手ごろな価格設定になることが多いのでオールド・ヴィンテージ入門にはオススメの楽器です。
 エジルド・エマヌエレ
Egildo Emanuele

1931年作 【★★】


フランスのエンベルガーと評された銘工です。エントリーモデルとして製作されたクラスです。エジルドは軽やかに鳴らせ、ボリュームもあるのでタッチが柔らかな方に人気のある製作家です。シンプルなデザインですがその分手ごろな価格設定になることが多いのでオールド・ヴィンテージ入門にはオススメの楽器です。
ストリデンテ
Stridente
【★】

中級、エントリーモデルの製作家として人気のブランドです。
ヴィナッチアをリスペクトしたこのブランドは、ヴィナッチアに良く似たデザインのモデルも上級クラスには存在します。
良く乾いたパリッとした音色と上品で煌びやかな装飾はナポリマンドリンの上位モデルのような美しさです。 
E.グランディーニ
E.Grandini

by Girolamo Thibouville-Lamy【★】


「グランディーニ」はメーカーブランドの名前です。
製作をしているGirolamo Thibouville-Lamy[ジローラモ・ティブヴィル=ラミー]はフランスはもちろん世界的に有名なヴァイオリンの弓工房で、絃楽器を多数製作していました。軽く弾きやすい音色で、オールド・ヴィンテージのエントリー楽器として値段も手頃です。 
クリストファロ
E.de Christfaro

フラットボディタイプ【★】


中級、エントリーモデルの製作家として人気のブランドです。
珍しいフラットバックボディの楽器です。音の深みは少しなくなりますが、軽く弾きやすい音色です。フラットバックボディなので立奏などの演奏シーンで使える楽器です。 
マンドラ
 ジョヴァンニ・デ・サンティス
Giovanni de Santis

【★★★★】
SOLD
エンベルガー系の楽器でエンベルガーが製作するに当たりモデルにした製作家と言われています。ローマヘッドに角にやや丸みを帯びた三角ネックはローマタイプのスタンダードなフォルムとなっています。
この楽器は状態もよくボリュームがある音色で、メイプルボディがはっきりとした粒立った音色を創り出しています。
  ピエトロ・ヴァレンテ
Pietro Valente

【★★★】

SOLD
中堅製作家として名前があがるヴァレンテのマンドラです。ギター式のヘッド、三角状に弾きやすくされたネック、とローマタイプのマンドラです。ピックガードにもエンベルガーの上位モデルにあるようなデザインが施され装飾の多い煌びやかな楽器となっています。

マンドロンチェロ


























このページの先頭へ

shop infoフレット楽器ヤマサキ

フレット楽器ヤマサキ

〒530-0044
大阪市北区東天満2-2-14
T・Yビル8F
TEL.&FAX.06-6948-8239